Conversation - 対談

Vol.2 アーティスト 高橋理子 × knot Rブランド責任者 河内 道生

第2回目の対談は、アーティストとして活躍されている高橋理子さん。専門のフィールドはもちろん、knot Rとの共通項でもある空間演出や街づくりに至るまで、ノットコーポレーション代表の河内と興味深い話をしていただきました(2回連続でお届けします)。

アーティスト 高橋理子 Hiroko Takahashi

1977年生まれ。東京藝術大学大学院博士課程染織研究領域修了。博士号(美術)を取得。円と直線のみで表現される図柄が特徴的。05年、仏外務省の招きでパリにて活動。また06年には、表現活動の一環として、自身のプロダクトブランド「HIROCOLEDGE(ヒロコレッジ)」を設立。活動は、工芸、ファッション、アートなど、幅広いジャンルの垣根を越え、日本の伝統に進化をくわえた作品を生み出している。

チャレンジ精神なくして、ものを作る仕事はできない。

HIROCOLEDGE 河内理子(ひろこ)さんとは共通の知人を通じて知り合い、さっそくこのアトリエのインテリア関連の仕事を、knot Rで手がけさせていただきました。  高橋 高橋このスペースがまだ白い箱の状態だったとき、壁面に大きな柄を描きたいと思いました。それもペインティングやインクジェットプリントではなくて、どうしてもカッティングシートでやりたかった。単に描いたのとは異なり、わずかながらもシートの厚みが生み出す凹凸がほしかったのです。社長と知り合うことができ、今までやりたいと思いながらもできなかった表現が可能になったことが本当に嬉しかったです。
  河内理子さんの柄を初めて見たとき、これまで出会ったことのないオリジナルな魅力を感じました。どこにでもある円と直線だけで構成されているのにもかかわらず、未だかつて、見たこともない柄でしたから。同時に、これは職人泣かせだなとも思いました(笑)。とにかく、デザインが緻密で細かく、幾何学模様なので融通がきかない。そして、たくさんの孔を開けなければならないので、それに見合った高度な技術がいる。しかも時間がない。けれども、お話をきいてすぐに「難しいけれどおもしろそうな仕事なので、ぜひやってみたい」という意欲が湧きあがってきました。  高橋そうした仕事に対する前向きな姿勢も、knotさんにお願いした大きな理由です。仕事柄、多くの方と関わりながらもの作りをしていますが、例えば職人さんが私のデザインに対して「これなら、今までのやり方で簡単にできる」というときは、デザインをやり直すこともあります。これほどものが溢れている世の中に、再び同じようなものを生み出す必要はないと思っています。職人さんと私が、一緒になって一歩でも前進できるようなデザインを心がけてます。 

河内 河内だからこそ、唯一無二のものが生まれていくわけですね。ものを作る仕事をしていく上で、挑戦する心というのは何よりも大切なものだと思います。  高橋私は東京藝大の工芸科で、専門の染織以外に陶芸や漆、金工など、さまざまなもの作りを学んだのですが、その時の経験が、今とても生きていると感じています。職人さんに無理難題を押しつけることなく、できるかできないかという、ギリギリのラインで少しだけ挑戦してもらえるようなデザインをする。楽しく思い通りのもの作りをするためには、職人さんとのコミュニケーションも不可欠なのですが、常に感じていることは、ひとりでは何もできないということです。私にとってとても大切な職人さんの存在やその素晴らしい技術をいかに伝えていくかということも、私の活動の一部です。 

本当に必要なものを、再確認していくことが求められる。

河内 河内3月11日に起こった東日本大震災は、まさに未曾有の巨大地震であり、東北地方や北関東の太平洋沿岸部を中心に大きな被害をもたらしました。  高橋本当にこの巨大地震と津波による被害は、想像を絶するものがありました。私は、地震発生時、このアトリエにいて何事もありませんでしたが、あの大きな揺れを体感したことで、少なからず精神的なダメージはありました。今は、被災地に向けて何ができるだろうかと考える毎日です。  河内私どもの業界でも、震災後は自粛ムードが漂っています。現場が止まってしまったり、オープンするはずの店舗数が減ってしまったりしている状況が続きました。理子さんの方ではお仕事に関して、何か直接的な影響などはあったのでしょうか?  高橋東北は伝統産業の多い地域です。織物工場や縫製工場など、繊維関係の会社もたくさんあります。私は震災前に山形のプリント工場さんとスカーフの生産準備をしていたのですが、震災直後は物流のインフラが麻痺し、例えば色見本のやりとりにも影響がありました。  河内そうですか。私たちのお客さまは飲食業界の方々も多いのですが、やはり新たな出店は控えるといった傾向にあります。しかし、いつまでもこうした状況が続いていたのでは、日本の経済を回していくことはできません。個人個人が、必要なものを消費していくことが重要だと考えます。本当に必要なものを再確認していくことが、今後は大切になってくるのではないでしょうか。 

高橋 高橋私も同じようなことを考えていました。私が常に意識しているのは、人と人とのつながり、コミュニケーションです。これは、震災前も後もまったく変わりありませんが、これまでの人と人という小さな範囲から、地域と地域、産地と産地というような広い範囲でのつながりを、もの作りを通して生み出していけたらと思っています。自分ができる範囲で、活動を続けていこうと考えています。  Vol.2-2へ続く  2011/04/19
取材協力:TAKAHASHI HIROKO BASE(上野)

TOPへ戻る
COPYRIGHT©knot CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.